by unworldly man Teizo AMMA
mailto:amma@sepia.plala.or.jp
http://www.t-amma.com


◇ 「糖尿病」は一旦は快癒したものの!
2012/ 9/20
 2010年5月、突然「糖尿病」で草津の済生会病院に入院。血糖値が373HBA1Cが13.4。当時これらの数値の重大性を理解できない状態で即日入院となりました。
◇ 最近はなにかと、「免疫力」の低下によるのか?
2012/ 9/20
 私たちの身の周りには、多くの細菌(常在菌)がいます。常在菌は普通、免疫システムが働いているのでほとんど問題になりません。しかし、免疫力の弱い状態では、常在菌を原因とした、普通ではかからない感染症を起こすこともあります。
◇ 「一日一万歩」とウォーキング
2012/ 9/26
 「糖尿病」で入院した翌日から、食事療法、インスリン注射、運動療法と血糖値の測定を開始しました。特に運動療法は直ちに万歩計を購入し、済生会病院の敷地内をぐるぐる回っていました。雨の日は病院内を歩きまわりました。

更新情報
 かって、インフルエンザにかかった時に、それまで50年間吸っていた煙草をやめました。今回糖尿病になって、野菜を沢山食べて、カロリーを減らした食事と毎日1万歩のウォーキングをつずけています!
-1月1日更新-


Φ 「糖尿病」は一旦快癒したものの!
 ▼ 「糖尿病」といわれたら
2012/ 9/20

 当時、義母の介護のため、夫婦で浜松に帰り、義母の住んでいる母屋に隣接した別宅を建築していました。そのため滋賀と浜松を月に2度ほど報復していました。

 その道中、頻繁にトイレに行ったり、のどが異常にかわいたり、体調が悪いとの自覚がありました。また、ビタミンCを補給したいと、果物や野菜のジュースを頻繁に飲んでいました。
 合間をみて地元の医療センターで受診してもらった結果、「異常な血糖値で、直ちに大病院に行ってください。紹介します。」とのことでした。言われるままに。翌日、近くの済生会病院に行き、血液検査の結果、即日入院となりました。

   *2010/5/19の検査結果 (済生会病院への入院時の診断)
        血糖値 373  HbA1c 13.4    体重 78.7 BMI 26.3

   *病名症状  糖尿病 緩徐進行形1型糖尿病の疑い
   *治療計画  血糖自己測定を開始  インスリンの自己注射を開始

   *1型糖尿病
      膵臓のインスリンを作る細胞が破壊され、インスリンが殆んど分泌されないために、インスリン注射あが必要。
   *2型糖尿病
      日本人に多い糖尿病で、インスリンの分泌量が少ないとか働きが悪く、ブドウ糖が体内にうまく取り入れらず、
      食事や運動などの生活習慣改善、経口血糖降下薬やインスリン注射などの治療があります。

 入院当日から「インスリンの自己注射」が始まりました。「超速効型製剤」を朝昼夕の食直前に、「持効型製剤」は就床前にと、毎日4回ペン型注射器でお腹のヘソのあたりに注射しました。


糖尿病のデータ記録

 血糖値は食事の前など空腹時の測定ですが、数値が低いと青色で表示されますので、青色が続くとインスリン注射量を減らすなどの調整をしました。
 万歩計をぶら下げて歩きましたが、1万歩歩くには95分がメドのようです。この表は入院時から食事療法、運動療法、インスリン療法を続けた記録です。2010年のデータをリンクしてあります。クリックしてください。

 

 ▼ インスリン療法は!
2012/ 9/20
  一般に、「2型糖尿病の治療」は食事・運動療法から始めるようです。ところが、この「食事・運動療法」は、効果が出るまでに時間がかかることがあります。
 十分な食事・運動療法を2〜3カ月行っても、良好な血糖コントロールが得られない場合は、薬物療法で血糖値の改善を図ります。高血糖が持続すると糖尿病の合併症が起こってきます。血糖値が下がらないのに薬物療法を先延ばしにするのはよくありません。  糖尿病の治療薬(血糖降下薬(けっとうこうかやく))には、のみ薬()と注射薬(インスリン製剤)があります。通常、2型糖尿病ではのみ薬から開始します。血糖降下薬を服用中は、その効果と副作用のチェックのため、定期的な通院と検査が必要です。  薬剤で糖尿病自体が治るわけではありません。薬の有効性を維持し、肥満を防ぐために、食事・運動療法の継続が大切です。 
 2型糖尿病でも、糖尿病になってからの期間が長くなると、インスリンを使わないと血糖値がうまく下がらないことが多くなってきます。糖尿病自体が進行し、インスリンがだんだん出なくなることが原因として考えられています。  食事・運動療法が不十分であること、およびスルホニル尿素薬の使いすぎは膵臓に負担をかけ、インスリンの出具合をさらに低下させます。のみ薬がうまく効かなくなって血糖値が十分に下がらない場合は、まず食事・運動療法がおろそかになっていないかを確認したうえで、主治医とよく話し合ってインスリン注射への変更を検討します。  いたずらに先延ばしにしてはいけません。血糖値が高いこと自体も、インスリンの出具合をさらに悪くするのです。外からインスリンを投与すると、膵臓が休まってインスリンがよく出るようになって、インスリン治療から経口薬治療にもどせる場合もあります。

 入院するとその日から経口薬を使わず、「インスリン治療」が始まりました。データの血糖値が373、HbA1cが13.4と高かったこと、病名症状を「糖尿病、緩徐進行形1型糖尿病の疑い」と判断したからと想像します。


糖尿病のデータ記録

 上の表のように、入院当日の血糖値が363であったものが、インスリンを8.8.8.10と注射して、半分ほどに下がりました。それでもまだ高いので、8.8.10.14まで増やし血糖値を100ほどに下がりました。

 半月入院して、その間に糖尿病教室。血糖値測定、インスリン注射、食事療法などの指導を受け、6月1日に退院しました。退院後の血糖値測定、インスリン注射の指示をいただきました。

   *ノボラピット:オレンジ・超速効性
       朝:8単位、昼:4単位、夕:10単位
   *レベミル:ミドリ・持効性(持続性)
       寝る前:12単位

 その後、浜松に引越し、浜松日赤の指導を受けています。それ以降は血糖値を見ながら徐々にインスリンの量を減らして行き、半年後の11月6日以来インスリン注射を止めて、今日に至ります。

 その後のHbA1cは、2010/ 7/ 9:8.3 2010/ 8/ 6:6.2 2010/ 8/10:5.2 2010/10/ 8:5.3 2010/11/ 5:5.5
              2010/12/10:5.7 2011/ 1/ 7:5.5 2011/ 3/ 4:5.8 2011/ 5/ 7:5.7 2011/ 8/19:5.6
              2011/11/11:5.7 2011/12/26:5.7 2012/ 3/ 2:5.7 2012/ 5/11:5.6 2012/ 8/10:5.7

 その後は、「食事・運動療法」を徹底して、日々のデータを記録しています。また、「糖尿病のデータ記録」(Excel)の表はExcelで作成しています。それぞれの数値によって「書式設定」で値の色分け表示をさせています。例えば高すぎる場合は赤で、要注意は黄色などと表示させて注意を喚起させています。

 

 ▼ 日々のデータをこまめに記録をとる!
2012/ 9/20
 今回の糖尿病の治療では、「食事・運動療法」を徹底して実行することと、これを持続することと考えています。 この徹底と持続の秘訣は、「こまめに記録をとる」 ことと決めています。

 *「ためしてガッテン 体重測定表」 毎日、起床時と就床時の体重を測定。
 *「オムロンデジタル自動血圧計」  毎日、血圧と脈拍をを測定。

 



Φ最近はなにかと、「免疫力」の低下によるのか?
 ▼ 「頚動脈」エコー検査
2012/ 9/19

 糖尿病の入院中に「頚動脈」エコー検査を行い、限局性の壁隆起(プラーク)が見つかりました。、プラークの破綻が脳梗塞などを引き起こす可能性があり、プレタールOD錠100mg(血栓・塞栓形成抑制剤)を朝夕食後に一錠づつ飲んでいます。

 一年後に再度検査しましたが、やはりプラークがあり、薬を続けています。ただし、現在はジェネリック医薬品のシロスタゾール錠100mgに変えてもらっています。

 ▼ 「糖尿病網膜症」はないが「白内障」の症状がありました!
2012/ 9/20
 最近、視力の衰えを感じていましたから、眼科の検査を受けました。「糖尿病網膜症」はないが「白内障」の症状がありました。 そこで、しばらく経過を見ることになりました。また、角膜保護治療薬として、「ヒアレイン点眼液 0.1% 5ml,」 を両目に1日4回点眼することになりました。

白内障とは:白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。60歳代で70%、70歳代で90%、80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障による視力低下が認められます。
 目の外傷、アトピー性皮膚炎、糖尿病、栄養失調などでは若いうちからの発症が多いことが知られています。その他にも遺伝、放射線や赤外線照射、ステロイド剤・抗精神病薬などの副作用、ブドウ膜炎などの目の病気よる続発性白内障、網膜剥離や硝子体手術、緑内障手術のあとなどにも進行しやすい傾向があります。

 そのほか、体の細部に「かゆみ」があり、抗生物質含有皮膚疾患用ステトロイド剤の「リンデロンVG軟膏0、12%」を1日2回塗っていました。

 

 ▼ 「食道カンジタ症」
2012/ 9/20
  今年の「生活習慣病健診」で、「食道カンジタ症」を指摘されました。カンジダ性食道炎とはカンジダというカビが食道に生え、炎症を起こした病気で、高齢の方や免疫力が弱い人、糖尿病、手術後、強い抗がん剤治療を受けた人、ステロイド剤を飲んでいる人がかかるようです。しかも、食道の感染症のなかで最も多い病気だそうです。

 フロリードゲル経口用2% 20g(抗真菌剤) を 起床時・昼夕食後・寝る前 と4回/日を2週間飲んで、再度胃カメラべ検査したところ快癒していました。



Φ 「一日一万歩」とウォーキング
 ▼ 「一日一万歩」と鉄道会社主催のウォーキングで
2012/ 9/26

 「運動療法」として、一日一万歩のウォーキングを実行しています。1kmを12分程度のスピードで約90分歩くと一万歩をクリアーできます。毎日朝食後に60分と昼食後(秋、冬、春)か夕食後(夏)に30分歩いています。毎日のウォーキングとは別にJRや私鉄主催のウォーキングにもさんかしています。

 *「さわやかウォーキング」(JR東海) 
 JR東海が主催している「さわやかウォーキング」です。  現在実施されているは9/1〜12/16までの今年最後のウォーキングです。全109コースです。土日と祝祭日に7Km〜15Km、約2時間〜4時間のコースが,2〜5コース程実施されます。ビックするほどの集客力で田舎の畦道が数珠つなぎになります。

 上図のように、東は伊豆半島から西は京都や新宮辺りまでの広範囲で、JRに隣接した私鉄ともタイアップしています。気候の良い10月や11月には日に4〜5コース実施されます。この中から、コースの特徴や距離・時間などを検討して、天竜浜名湖鉄道、遠州鉄道とJRの金谷駅から蒲郡駅の範囲から、毎月2〜4コースを選択して、参加しています。

 JRは大変盛況ですが、他の私鉄主催のウォーキングは集客が少なく、最近はJRとの共催頼みのように感じます。

    *天浜路ヘルシーウォーキング  

 天浜線の駅がスタート&ゴールのウォーキングイベントです。四季折々の草花や名所等を各回のウォーキングコース内で紹介し、ご参加の皆様に歩いてゆったりとお楽しみいただきます。「健康維持」に「ちょこっとレジャー」に風光明媚な天浜線沿線を歩いてみませんか?


ウォーキング常設コースMAP『天浜線沿線をくまなく歩く』新登場!
 常設コースでいつでも沿線のウォーキングが楽しめます。 この度、天浜路ヘルシーウォークの常設コースを設定し、それに伴って情報満載のコースMAPが完成しました。 常設コースは全3ヶ所。 @小京都の中に勾配が続く、プチ登山気分を味わえる『小國神社コース:遠州森駅スタート→遠江一宮駅ゴールの全長約11.7km』 A風光明媚な浜名湖や沿線グルメをお楽しみいただける『奥浜名湖コース:西気賀駅スタート→気賀駅ゴールの全長約9.7km』 B四季折々で様々な表情を見せる猪鼻湖をぐるり一周する『猪鼻湖コース:都筑駅スタート→三ヶ日駅ゴールの全長約9.9km』 をMAP内で紹介しています。    

    *遠鉄電車 ウォーキング     

 最近、遠鉄電車はウォーキングに熱心でないようです。

 

 ▼ 万歩計をぶらさげて
2012/ 9/28

 今使っている万歩計は2台目で、オムロン 体重体組成計 Karada Scan3541Tとセットのオムロン(OMRON) ヘルスカウンタ Walking style HJ-710IT を使っています。

 

歩数計と体組成計をネットワークでつなぎ、パソコンでカラダデータを管理。理想のカラダを手に入れる

 理想のカラダづくりや生活習慣病予防のためのウォーキングは、成果を知ることでより効果的に持続させることができる。体組成計と歩数計のデータをパソコンで管理が可能な、カラダスキャン"PCコントロール"で、目標を持った計画的な体組成コントロール・日々の健康管理ができる

 ●パソコンでカラダデータを管理する

測定したデータは、歩数計をUSBケーブルでパソコンとつなぎ、付属の専用管理ソフトを使えばグラフやチャートで表示することができる。また自分の設定した目標値に対する達成度や、体組成と歩数のデータを組み合わせて、消費カロリーと体脂肪率の変化を同時に比較することも可能

※体組成計の操作表示部裏にある歩数計固定フォルダーに、同梱の通信機能付き歩数計を取り付け、歩数計の通信スイッチを押すと、体組成データが歩数計に蓄積される

 

 ●「両手両足」だから正確測定

カラダスキャン“PCコントロール”は、両手両足の4か所を結んで全身をスキャニング。体型のバラツキやむくみなどの影響を受けずに、筋肉率、体脂肪率などの体組成を正確に測定する。現在の値と過去の値とを比較表示できるので、ダイエットの経過を長くチェックすることができる

 

 



 ●見やすく使いやすい大型表示画面

手元の大型画面で、操作もラクラク。知りたい結果が2段で交互に表示され、トータルな体組成判定に役立つ

体重
100kgまでは100g単位で、135kgまで測定
BMI判定
身長と測定した体重からBMI(体格指数)を算出
個別基礎代謝
筋肉・体脂肪等の個人データに基づき測定
内蔵脂肪レベル
30段階で表示※
筋肉率
0.1%単位で測定
体年齢
個別基礎代謝に相当する平均年齢を1才単位で表示※

体脂肪率
0.1%単位で測定
データメモリ
個人データ (年齢、性別、身長) を2人分まで登録可能

 

 ▼ 携帯の「Run&Walkアプリ」を利用
2012/ 9/28
 

現在契約している「eo光電話」 の請求書に、今年の1月分から「ユニバーサルサービス料」の7円が追加されるそうです。金額は僅かですが、どんな内容の請求でしょうか?

 

 Run&Walkアプリを起動して走ると、GPSを利用して現在地を計測し、ランニングやウォーキング、サイクリングを行なった時の距離、時間、消費カロリー、現在地の地図を確認することができるよ!
いつも持っているケータイで記録できるからとっても便利だね!

 Run&Walkのアプリを使えば、あなたの走ったコースが記録に残せるよ。偶然見つけたステキな道も、記録できちゃう。後から、地図を見直せば、また同じコースを走ることができるよ♪あなたにぴったりの使い方を見つけてRun&Walkをさらに楽しもう!
Run&Walk中にカンタン操作で写真撮影できるよ。ワークアウト中に見つけたステキな風景を記録に残そう!

 



Design by Teizo AMMA
Email amma@sepia.plala.or.jp
URL http://www.t-amma.com/