by unworldly man Teizo AMMA
mailto:amma@maia.eonet.ne.jp
http://www.t-amma.com


◇ 絵画は面白い
2007/ 1/10
 公民館のサークル活動に参加して、水彩画と油絵を楽しんでいます。それと、毎年行われる高校や大学の開放講座を楽しみにしています。
◇ 水彩画サークル「ぐる〜ぷ彩」
2007/ 1/10
 中央公民館の月二回の水彩画のサークルです。講師に大西克美先生を向かえ、気のあった仲間十数名のサークルです。屋内の静物画が中心のようですが、季節の良い折には屋外で写生もします。
◇ 水彩画サークル「アトリエ・マルディ」
2007/ 2/20
 柑子袋公民館の水彩画サークルです。講師に稲垣浩史先生を向かえ、気のあった仲間十数名のサークルです。屋内の静物画が中心のようですが、季節の良い折には屋外で写生もされるようです。
◇ 甲西絵画サークル
2007/ 6/10
 中央公民館の月1回の油絵のサークルです。講師に山中先生を向かえ、十数年も続いたサークルで、なかなかベテランが揃い、スケッチ旅行や展覧会の鑑賞などと楽しんでおられるようです。
大学の公開授業&高等の学校開放講座
2007/ 2/8
 ここ3年、大学の公開講座や高等の学校開放講座を利用しています。ほとんど短期の講座ですが、いろんな意味で新しい出会いを得られ、楽しんでいます。

更新情報
  インターネットは「不思議な国」にドロシーを案内してくれる「つむじ風」のようなものです。そして「つむじ風」が運んでくれる「便り」に目を輝かせ、こちらの「便り」を「つむじ風」に託し、はるか遠くに!
-1月1日更新-


Φ 絵画は面白い
 ▼ 公民館の絵画サークル
2007/ 1/10

 2004年に湖南市が発足して、これまで他町であった公民館のサークル活動に参加することが出来るようになりました。 湖南市には中央公民館、三雲公民館、柑子袋公民館、石部公民館、石部南公民館、岩根公民館、菩提寺公民館、下田公民館などの8つの公民館や市民学習交流センター(サンヒルズ甲西)をはじめ6つの地域総合センターがあります。

◇滋賀県湖南市[暮らしのガイド−市内の施設] http://www.city.konan.shiga.jp/guide/shisetu.htm

 それぞれの公民館には「利用サークル一覧」に記載されているように、文化協会をはじめ各サークル、婦人団体などの、自らを高める生涯学習実践者活動の拠点ともなっています。住民のニーズに合った講座や学級を開設すると同時に、福祉と人権を基調にだれもが住み良い地域づくりをめざした活動を展開しています。

***********************************************************************

 これまでに描いた絵画には、それぞれ懐かしい思い出があります。現在、整理中ですが、整理が出来次第、このサイトに掲載しています。次の「懐かしい思い出の絵画たち」をクリック下さい。


「懐かしい思い出の絵画たち」

 

 ▼ 大学の公開講座&高等の学校開放講座
2007/ 1/10
 ここ3年、大学の公開講座や高等の学校開放講座を利用しています。ほとんど短期の講座ですが、いろんな意味で新しい出会いを得られ、楽しんでいます。

「県立高等学校等開放講座」とは…
 県立学校の持つ施設や人材といった教育機能を広く県民に開放して、各校の特色を活かした多種多様な県民向きの講座を開催するものです。これは、ふだんは地域住民と行き来の少ない県立学校が一般県民を対象とした講座を開催し、地域の生涯学習拠点施設としての役割を果たすため、昭和57年度から開設し、25年目となる事業です。
  ◇ 高等学校等開放講座 http://www.nionet.jp/lldivision/hs_openschool/

「滋賀大学公開講座」とは…
 本学の教員を中心に、学外の専門家を講師に加え、本学が持っている専門的、総合的な教育機能を社会に開放し、生活向上の知識や、一般教養を身につけるための学習の機会を広く皆様へ提供することにより、地域の人々との交流を深め、開かれた大学を目指して公開講座を開設しています。
  ◇ 滋賀大学公開講座 http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/jimukyoku/kikakukoho/koukai/index.htm

 

 ▼ 美術展めぐり
2007/ 1/10
 これまで、あちこちを旅行した折に、自由な時間があると美術館を訪ねる習慣がありました。例えば、パックツアーに自由時間があれば、オプションツアーに行かず、単独行動で事前に調べた美術館をはしごすることが楽しみにしています。
 もう古い本ですが、別冊るるぶ愛蔵版「日本100の美術館」が手元にあり、いくつ行けるか楽しみにしていた時期もありました。

◇ 会案内・アート情報サイト http://plaza.harmonix.ne.jp/~artnavi/01art.pak/01jan.annai/01kaiga-1.html
◇ 近畿(関西)地方の美術館リンク集 http://www.oyakudachi.net/art_museum/kansai.htm

 

 ▼ 画集やカタログ集め
2007/ 1/10
 これも古くなってしまいましたが、「アサヒグラフ別冊美術特集」の中から、浅井忠とかターナーなどと、好きな画家だけを集めました。また、美術展に行ってその画家が気に入るとカタログを購入したり、その後画集を集めたりします。それ以外にその画家名でインターネットで検索して画像を集めるのも楽しいです。

     
エゴン・シーレ展のカタログ                     インターネットの画像など             ,  

Egon Schiele
 エゴン・シーレ(Egon Leo Adolf Schiele)オーストリアの画家であり、表現主義による鋭い人物描画を得意とした。1890年6月12日に誕生するも、1918年10月31日に28歳の生涯を閉じている。
◇ Egon Schiele Museum http://www.geocities.co.jp/Milano/1417/museum.html
◇ webmuseum Schiele, Egon http://www.ibiblio.org/wm/paint/auth/schiele/
◇ Egon Schiele Galerie http://www.staff.uni-mainz.de/gehring/Schiele/SchieleGalerie0.html 

 また、最近ではメールマガジンやWebサイトで素敵な画像を鑑賞することも出来ます。ありがたい時代です。

◇ 水彩画ネットワーク 水彩画などの最大のリンク集 http://www.ne.jp/asahi/chihiro/japan/Suisai.htm
◇ 岸本信夫スケッチ紀行 http://www.eonet.ne.jp/~kishimoto-sketch/

 



Φ 水彩画サークル「ぐる〜ぷ彩」
 ▼ ベテランが多い、レベルの高いサークルです
2007/ 1/10

 中央公民館の月二回の水彩画のサークルです。講師に大西克美先生を向かえ、気のあった仲間十数名のサークルです。屋内の静物画が中心のようですが、季節の良い折には屋外で写生もします。

◇水彩画サークル「ぐる〜ぷ彩」  水彩画  毎月第2・4金曜日 9:00〜12:30

 公民館の広い3階で、備品のイーゼルを使って、わいわいがやがやと楽しい時を過ごしています。ほとんど屋内の静物を描いています。たまには気候のよい時には屋外に出て写生をすることもあります。

***********************************************************************

 これまでに描いた絵画には、それぞれ懐かしい思い出があります。現在、整理中ですが、整理が出来次第、このサイトに掲載しています。次の「懐かしい思い出の絵画たち」をクリック下さい。


「懐かしい思い出の絵画たち」

 

 ▼ 屋内では静物を、またたまに人物画も!
2007/ 1/10
 屋内では、主に静物画を描くことが多いです。皆で季節の花や野菜、そして葉の付いた果物などを持ち寄って、それぞれ構図を工夫して描きます。

  

 



Φ 水彩画サークル「アトリエ・マルディ」
 ▼ 実に楽しいサークルです!
2007/ 1/10

 柑子袋公民館には、水彩画サークル「アトリエ・マルディ」がありました。講師に稲垣浩史先生を向かえ、気のあった仲間十数名のサークルです。屋内の静物画が中心のようですが、季節の良い折には屋外で写生もされるようです。
◇アトリエ・マルディ  絵画(デッサン)  第1・3火曜日 10:00〜12:00  大集会室   

 ほとんど屋内で静物を描きますが、時にはクロッキーや人物デッサンをしたりして楽しんでいます。また、春や秋など気候のよい時に、屋外に出て、朝から午後まで半日がかりで写生に出ることがあります。たまに皆で美術館の見学するなどと、活動は多彩です。

***********************************************************************

 これまでに描いた絵画には、それぞれ懐かしい思い出があります。現在、整理中ですが、整理が出来次第、このサイトに掲載しています。次の「懐かしい思い出の絵画たち」をクリック下さい。


「懐かしい思い出の絵画たち」


 ▼ 屋内では静物を、またたまに人物画も!
2007/ 1/10
 屋内では、主に静物画を描くことが多いです。皆で季節の花や野菜、そして葉の付いた果物などを持ち寄って、それぞれ構図を工夫して描きます。また、仲間をモチーフにして人物画にも挑戦します。 

 

 

 ▼ 屋外の写生も楽しいです!
2007/ 1/10
 一年を通して、春や秋など気候のよい時に、屋外に出て、朝から午後まで半日がかりで写生に出ることがあります。お昼は、皆で輪になって、笑談するのも楽しいです。

 

 

 ▼ 今年は冬が暖かいですね!
2007/ 2/20
 今年が雪も少なく、暖かい冬になりました。2月の中旬に野洲川の「親水公園」で写生することになりました。

 

 



Φ 甲西絵画サークル
 ▼ 月一回の油絵のサークル
2007/ 1/10

 中央公民館の月1回の油絵のサークルです。講師に山中先生を向かえ、十数年も続いたサークルで、なかなかベテランが揃い、スケッチ旅行や展覧会の鑑賞などと楽しんでおられるようです。

◇甲西絵画サークル  油絵  毎月第3土曜日 13:00〜17:00

 この油絵サークルは歴史のあるサークルで、ベテランが多いです。風景画を描かれる人が多いようです。年に1度、景色の好い所に皆で旅行して、それぞれ次のテーマを探しているようです。

***********************************************************************

 これまでに描いた絵画には、それぞれ懐かしい思い出があります。現在、整理中ですが、整理が出来次第、このサイトに掲載しています。次の「懐かしい思い出の絵画たち」をクリック下さい。


「懐かしい思い出の絵画たち」

 

 ▼ 現在、進行中のテーマは!
2007/ 1/10
 かって、上海の郊外の古い街に駐在していたことがあって、描きたい風景の写真を撮ってきました。ここしばらくは風景画として、この松江県の古い町並みや運河を描きたいと思います。
 下の絵は、いったんは仕上げたのですが、気に入らなくて、書き直す予定です。滋賀大学で印象派を勉強しましたから、次はその観点から書き加えたいと考えています。


F30号 (未完成)

 次に、幼稚園や保育園の園児たちの、運動会や集団で遊んでいる姿を描きたいと思います。次のえも一旦は描き終えたのですが、物足りなくて筆を加えています。もう2年になりますが、なかなか完成しません。

 
F20号 (未完成)                 F30号 (未完成)

 

 ▼ 人物が面白い!
2007/ 2/8
 矢張り、人物画が面白いです。左は学生時代の仲間の絵です。なかなか完成しませんが当分続けます。右は中国の若い女性です。かって、水彩画のモデルになってくださった女性です。もう幾人か描いてみたいです。

  
F8号 (未完成)                 F20号 (未完成)

 これまで未完成のまま放っておいた、学生時代の仲間の絵を取り出して、滋賀大学で学んだ印象派を思い出しながら完成しました。こうして比較すると、これで完成と納得しました。


F8号 (完成)

 

 ▼ 第17回 甲西絵画サークル展
2007/ 6/10
  今年もサークル展を開催することになり、皆最後の追い上げに頑張っています。今回は、次の3点を出展することにしました。昨年の秋、滋賀大学で「印象派」を学びましたので、そんな作風で制作しました。

◇ 会期 : 6月23日(土)〜 7月8日(日)
◇ 会場 : 甲西文化センターロビー

  
F10号 (深まる秋)                 F20号 (長寿寺の秋)

 左は、十数年も昔、明日にでも初雪が降ろうかという時期に道南を訪ね、北海道に秋を堪能したことがあります。これまで、是非描いてみたいと温めていたテーマです。右は、昨年の秋、湖南三山のイベントの折に、長寿寺の庭が銀杏の落葉に埋まった様子を描いてみました。
 下は、お決まりの自画像です。最初は水彩画サークルのテーマでしたが、油絵でもと、一気に書き上げてみました。


F20号 (自画像)

 



Φ 大学の公開授業&高等の学校開放講座
 ▼ 滋賀大学公開授業
2007/ 2/8

  滋賀大学では、本学の教員を中心に、学外の専門家を講師に加え、本学が持っている専門的、総合的な教育機能を社会に開放し、生活向上の知識や、一般教養を身につけるための学習の機会を広く皆様へ提供することにより、地域の人々との交流を深め、開かれた大学を目指して公開講座を開設しています。
 今年度も昨年度に引き続き、公開授業「絵画」を受講しました。

授業科目名: 絵 画 U
担当教員: 教授 大嶋 彰
開 講 日: (授業日) 10/2,16,23,30,11/6,13,20,27,12/4,11,18,1/15,22,29 (月曜日2限⇒金曜日3限に変更)
開催時間: 10:30〜12:00
授業の目的
と概要  19世紀から20世紀にかけてのフランスを中心とした絵画の近代について、時代背景と理論的な解説をもとに、油彩画制作を行うことを課題とする。印象派やキュビズムなどの絵画が何を変革しようとしたのか、美術を専門にしている者なら誰でよく知っていると思ってしまいがちだが現実はそうではない。近代芸術のあり方は必ずしも一枚岩ではないが、少なくとも印象派やキュビズムに始まる大きな認識論的転換については、美術教育を学ぶためにも充分に体験しておくことが必要である。    (教科書・参考書 スライドや画集、文献など、その都度提示する。)

 昨年度の講座名が「絵画T」で、今年度は「絵画U」ですから、昨年度の続きだと理解したのですが、内容は昨年度とほぼ同じでした。現在、受講中です。

 
     F20号 (印象派)              F20号 (キュビズム)

  昨年度の「絵画T」で受講した印象派とキュビズムですが、理論と実践には大きな開きがあり、けして納得のいく出来栄えではありませんでした。今年は明るい画面作りをと絵具の色を生かして作成しました。




Design by Teizo AMMA
Email amma@maia.eonet.ne.jp
URL http://www.t-amma.com/