by unworldly man Teizo AMMA
mailto:amma@maia.eonet.ne.jp
http://t-amma.com


◆天竜川

天竜市は
静岡県の西北端
また、北遠地域の最南端に
位置し
北遠地域の玄関口として
中心的役割を担っています
     
Δ 静岡県立二俣高等学校 同総会 (平成17年)
   昭和35年、第12回の卒業だそうです。しかも卒業以来45年が過ぎたの案内を頂いています。
 前回、久しぶりにお会いした高橋長悦さんや橋場重介さんの顔が見えませんでした。男子26名、女子24名と丁度50名の同窓生が集まりました。
 午前の総会では、開校90周年の話題や少子化の影響で天竜林業との「再編整備」の話題があがっていました。
Δ 二俣町立二俣小学校・中学校 同総会 (平成16年)
   昭和29年二俣小学校卒業と昭和32年二俣中学校卒業の同窓会が浜松名鉄ホテルで催されました。それぞれ62歳と、まだ現役の方も居られるようですが、やはり年金生活を享受されている方が大半のようです。
  当時、中学1年生は60名近い人数で5組あり、3学期から6組に増えましたから、300名近い同窓生がおりました。今回の同窓会には100名近い仲間が集まり、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
Δ 静岡県立二俣高等学校 同総会 (平成15年)
   前回の還暦を祝った同総会で、今後は2年サイクルで会おう決めた、還暦以後初めての同総会。6名の恩師を加えて60名の仲間が集まりました。
 この2年足らずの間に、小杉・藤森両先生をはじめ、地元で精力的な活躍をされ、同窓会にもご尽力頂いていた秋山剛さんを失いました。
 比較的、前回と同じ顔ぶれが多い中 、高校卒業以来はじめての橋場重介さんが千葉から駆けつけてくださいました。しかも、東名高速は33Kオーバーのチケットを切ってとばして来てくれたそうです。
Δ 静岡県立二俣高等学校 同総会 (平成13年)
   同窓生が還暦を迎え久しぶりに一同に会しました。おそらく高校卒業以来初めての方も多く、しばらくは名前を思い出せない人もおりました。60歳ともなると、「こんな先生いたかな?」とついお見それしてしまったりもします。
  酒も入り楽しく談笑している間に、笑顔の中や肩を叩き合うしぐさの中に、昔の面影を見つけ、すっかり打ち解けた雰囲気が帰っていきました。
Δ 二俣町立二俣中学校 同総会 (平成13年)
   昭和32年の卒業生が還暦を迎え、久しぶりに同窓会を催しました。当時6クラスで300名近い同窓生がいました。
 同窓会の後、郵送していただいた写真をスキャナーで読み込んだままになっていた写真をやっとアップロードしました。


更新情報
  もう、古くなったデジカメは電池が劣化したのか、すぐに電池がなくなります。電池を交換しようとしまいましたが、取り寄せとのことで間に合いませんでした。
 心配していましたが、それでも80枚以上取れました。

-月10日更新-
 


ΦΦ 突然、朋を失ってΦΦ
 還暦を迎え、年金生活を送っているものの、まだ61歳。けして死と隣り合わせの実感はないものです。2年前、正確には1年半前の同総会でお会いした面々とは当然のように逢えると信じていました。
 秋山剛さんの悲報は3月の末。田舎の兄の電話で知りましたが、あまりにも突然で、しばらく声が出なかった。彼は我々の仲間内でも万年青年的な面立ちで、カラオケの選曲も若者のリズミカルなものと、一回りほど差を付けられていた。実は、一昨年の同総会で、「死に損なった」とは云っていたが、「大袈裟な」ぐらいしか思っていなかった。ところが再発だったことを葬儀で聞いて、再度驚くと同時に、無性に口惜しかった。


Design by Teizo AMMA
Email amma@maia.eonet.ne.jp
URL http://t-amma.com/