by unworldly man Teizo AMMA
mailto:amma@maia.eonet.ne.jp
http://www.t-amma.com


◆ヘロディス・アティコス音楽堂

有名世界遺産の
パルテノン神殿は
アクロポリスの丘にある
ヘロディス・アティコス音楽堂は
そのアクロポリスの丘から
見下ろせる

アテネ・フェスティバルの
会場として夏の間
演劇・コンサート・オペラなどが
上演される

     
Δ 滋賀大学の公開授業
2005/10/15
  本学の教官を中心に、学外の専門家を講師に加え、本学が持っている専門的、総合的な教育機能を社会に開放し、生活向上の知識や、一般教養を身につけるための学習の機会を広く皆様へ提供することにより、地域の人々との交流を深め、開かれた大学を目指して公開講座を開設しています。
Δ 滋賀大学の公開講座
2005/6/18
  本学の教官を中心に、学外の専門家を講師に加え、本学が持っている専門的、総合的な教育機能を社会に開放し、生活向上の知識や、一般教養を身につけるための学習の機会を広く皆様へ提供することにより、地域の人々との交流を深め、開かれた大学を目指して公開講座を開設しています。
Δ 滋賀県の高等学校等開放講座
2005/12/05
  県では、県民のみなさんに「いつでも、どこでも、だれでも」 学んでいただけるよう、高等学校等開放講座を開講しています。積極的なご参加をお待ちしています!
Δ 公民館の絵画サークル
2005/11/07
  昨年10月に湖南市が発足して、これまで他町であった公民館のサークル活動に参加することが出来るようになりました。そこで正月から水彩画を中心にサークルに参加しています。
Δ 公民館の書道サークル
2005/11/07
  昨年10月に湖南市が発足して、これまで他町であった公民館のサークル活動に参加することが出来るようになりました。そこで正月から書道のサークルに参加しています。


更新情報
 中国でも韓国でも、日本の歴史問題や竹島などの領土問題を理由に、反日運動や日本製品の「不売」に発展し始めている。もともと、靖国問題が被害国の国民感情を逆なでしたのではと思いますが、ナショナルリズムの危うさを痛感します。
-4月6日更新-


ΦΦ 世の中万事「藪の中」ΦΦ
 田中宇の国際ニュース解説 から ………  為替相場は先週後半、ドルが世界各国の主要通貨に対して売られ、大幅下落した。その後、今週に入ってドルは円などに対し、やや値を戻したが、この過程で、これまでは可能性としてのみ語られていた「ドルが世界の基軸通貨でなくなること」が、先週の後半を境に、現実のものになり始めるプロセスに入った観がある。

Ж 滋賀大学の「公開授業」


滋賀大学

滋賀大学の目的
国立大学法人
滋賀大学が設置する
滋賀大学は,
教育基本法の精神と
本学の理念に則り,
豊かな一般教養と
専門学科に関する
最高の教育を
授けるとともに,
最深の学理を究め
もってわが国文化の
発展を図り
世界の進歩に
寄与することを
目的とする。
(国立大学法人
滋賀大学
学則第1条)

業務の概要
・国立大学を設置し,
これを運営すること。
・学生に対し,
修学,進路選択及び
心身の健康等に
関する相談
その他の援助を
行うこと。
・当該国立大学
法人以外の者から
委託を受け,
又はこれと共同して
行う研究の実施
その他の
当該国立大学法人
以外の者との
連携による教育研究
活動を行うこと。
・公開講座の開設
その他の学生以外の者
に対する学習の機会を
提供すること。
・当該国立大学に
おける研究の成果を
普及し,及び
その活用を促進
すること。
・当該国立大学に
おける技術に関する
研究の成果の活用を
促進する事業であって
政令で定めるものを
実施する者に
出資すること。
・前各号の業務に
附帯する業務を
行うこと。
 (国立大学法人法
第22条)。

 

     
剳ス成17年度の「公開授業」
2005/4/6
   滋賀大学では、本学の教官を中心に、学外の専門家を講師に加え、本学が持っている専門的、総合的な教育機能を社会に開放し、生活向上の知識や、一般教養を身につけるための学習の機会を広く皆様へ提供することにより、地域の人々との交流を深め、開かれた大学を目指して公開講座を開設しています。
 本年は、公開講座を10講座と公開授業を47科目計画いたしました。

 ◇滋賀大学公開授業
      http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/jimukyoku/kikakukoho/koukai/17_jigyou.html

 今回の47科目の公開授業の中から、春期は下記の2つを受講することにしました。

  *中国語T  担当教員 楊  暁文  春・金曜日3限  受講料 6,000円  募集人員 5名
  *絵 画T   担当教員 大嶋  彰  春・月曜日2限  受講料 6,000円  募集人員 5名

-----------------------------------------------------------

 《募集期間》
   春学期授業開始科目 平成17年4月4日から最初の授業日の前日まで
   秋学期授業開始科目 平成17年9月22日から最初の授業日の前日まで

 《受講対象者》 市民一般 (原則として高卒以上)

 《注意事項》
  * 正規の授業のため、学生と一緒に受講していただきます。
  * 大学の行事、講師の都合等により休講又は授業日の変更があります。
  * 授業に必要なテキスト、教材等は個人負担です。
  * 単位認定及び試験等は行いません。
  * 科目によっては専門の知識(語学力等)が必要な場合があります。
  * 授業の概要は、授業全体の内容を記載していますが、科目によってはその一部を公開するものもあります。


剏開授業「中国語T」
2005/4/6
    かって中国赴任の経験もありましたが、結局中国語は落第生でした。現在書道で漢詩などを書きたいと思い、中国語に再度挑戦することにしました。

担当教員       助教授 楊 暁文
開 講 日(授業日)  4/15,22, 5/6,13,20,27, 6/3,10,17,24, 7/1,8,15,22 (金曜日3限)
開催時間       12:50〜14:20
授業の目的及びねらい
 文法と読本の授業を通じて、受講生に中国語の基本的な、聞く・話す・読む・書く・訳すなどの能力を身につけてもらう。
授業の概要
文法:中国語の文法は英語のそれに似通ったところを持っているが、動詞に語尾変化がない、敬語に関しては日本語ほど体系をなしていない、数詞・助数詞の表し方が特別だ、などの特色がある。受講生に分かりやすく説明し、練習させる。
読本:同文同種という言葉もあるくらい日本と中国は漢字を共有しているが、その使い方にかなりの違いが見られるのも事実のようだ。そのような問題意識を持って中国語のやさしい読み物を勉強してもらう。
 【授業の形式】演習方式
 【受講上の注意】中国語の発音がやや難しいので、その練習に重きを置くが、授業の進度についていくように、欠席しないこと。

 

剏開授業「絵画T」
2005/7/26
   これまで興味があって絵を描いてきましたが、どうも「再現・表象」の範囲に止まっていたように思います。「開かれたドローイング」の世界に挑戦してみようと思います。
担当教員       教授 大嶋 彰
開 講 日(授業日) 4/18,25, 5/2,9,16,23,30, 6/6,13,20,27, 7/4,11,18 (月曜日2限)
開催時間      10:30〜12:00
授業の目的及びねらい
 本授業では、従来の対象物を固定した「再現・表象」としての素描の在り方から、素材と行為の関わりによって生み出される開かれたドローイングを追求する。それによって、美術教育の基礎・基本とは何かをあらためて捉え返すことを目的としている。
授業の概要
   1.デッサンおよびドローイングの意味について
   2.描画材料について
   3.素材と行為のかかわりについて
   4.課題制作T/課題説明、参考テキスト提示
   5.課題制作T/構想・制作
   6.課題制作T/中間発表
   7.課題制作T/制作
   8.課題制作T/批評、ディスカッション
   9.課題制作U/課題説明、参考テキスト提示
   10. 課題制作U/構想・制作
   11. 課題制作U/中間発表
   12. 課題制作U/制作
   13. 課題制作U/批評、ディスカッション
   14. 制作の経験から子どもの造形活動のあり方を考える
   15. 展示・まとめ

***********************************************************

 今回の講義は『本授業では、従来の対象物を固定した「再現・表象」としての素描の在り方から、素材と行為の関わりによって生み出される開かれたドローイングを追求する。それによって、美術教育の基礎・基本とは何かをあらためて捉え返すことを目的としている。』とあり、最初のテーマは20世紀絵画の出発点となった「印象派」で、高階秀爾著の「手さぐりする絵画」をテキストにして始まりました。

 これまで「印象派」と言えば、モネ、ドガ、セザンヌ、モリゾなど好きな画家が多く、絵全体が明るく、色彩に富んで、巧みに光の動きを力強いタッチで表現されていると言った程度の理解でした。
 高階秀爾氏は館長をされている大原美術館で、「高階秀爾の美術教室」を担当されているようですが、文章はなかなか難解で、幾度も読み返さなければなりませんでした。

 まず、ロマン派に始まる近代絵画は、ドラクロワ(Eugene Delacroix 1798-1863)などによって、よりどころが「理想の美」から「現実」に移って行った。それまでの古典主義の安定した構図ではなく、動的で、擬音的、曲線的で、感性の波動を伝えようと試み、色彩をもって表現しようとするものであった。(墓場の少女 Orphan Girl at the Cemetery)

 続いて必然的に生まれてきた、クールベ(Gustave Courbet 1819〜1877)に代表される写実主義は、当時の画壇潮流であった絵画の理想化を拒否し、視覚に忠実なレアリスムを確立した。
 そしてクールベは、歴史画や想像画を描くのは画家の仕事ではない。現実に見えているものを忠実に描き、その時代の記録を残すべきなのだと主張する。 (画家のアトリエ The Painter's Studio)

 1874年に写真家ナダールのアトリエ2階で、モネ、ドガ、ルノワール、セザンヌ、ピサロ、モリゾ、ギヨマン、シスレーらが私的に開催した展示会は、後に第1回印象派展と呼ばれるようになる。当時この展示会は社会に全く受け入れられず、印象派の名前はこのときモネが発表した『印象、日の出(Impression, soleil levant)』から新聞記者が揶揄してつけたものである。(印象、日の出  Impression, Sunrise)

 このときを印象派の成立としているが、これ以前にもウィリアム・ターナー(イギリス)のように印象派に通じる画風や、バルビゾン派など屋外の風景を多く描いた印象派前夜と呼び得る画家達も存在している。また、後にはスーラ、ゴッホ、ポール・ゴーギャンなどのポスト印象派、新印象派へと続くものとなった。
  (ターナー ノラム城、日の出 Norham Castle, Sunrise)

 当初、現実を出来る限り忠実に「再現」しようとする現実主義者であった印象派の画家たちは、現実を再現する手段として、これまでの官学派が「遠近法」とか「明暗法」と言った伝統的な技法を利用したのに対して、「色彩分割」を生み出した。しかし、その技法によって「現実の再現」から遠ざかり、実体のない「幻影」へと移行した。

   
 (モネ 散歩、日傘をさす女 The Stroll, Camille Monet and Her Son Jean、
ルノワール 舟遊びの昼食 The Luncheon of the Boating Party、
ピサロ 帽子をかぶった農家の若い娘 Peasant Girl with a Straw Hat、
シスレー Bridge at Villeneuve-la-Garenne)

 しかし、印象派によって頂点に達した「現実」尊重も、セザンヌに至って、確固とした手触りを失っていった。印象派が「現実」をすべて感覚的なものに還元してしまったため、感覚の彼方にある「現実」そのものは、画家の手の届かないところに遠ざかってしまった。

  
(カード遊びをする男たち The Card Players、
Still Life with Flower Holder (Nature morte au vase pique-fleurs)、
サント・ヴィクトワール山 Mont Sainte-Victoire)

 T・E・ヒュームが歴史の上で人間と自然とが「親密な関係」を保っている時には、「写実的、自然主義的」な芸術が成立し、その「親密な関係」が失われた時には、「幾何学的、抽象的」な芸術が支配的になると説いたように、20世紀初頭から現れた抽象絵画の先駆けをセザンヌが担った。

ヴァルール(色価):色彩の混色の体系による空間表現
視線の動き
透明感を持った平面性

 このセザンヌが背負わされた歴史的役割が、「現実」との感触を失った男の悲劇によるとの記述は非常に興味深く読ませていただきました。また、この夏に予想される政局も、歴史的役割を背負わされた、「現実」との感触を失った男の悲劇だろうと想像します。

アート at ドリアン 西洋絵画史 http://www.ne.jp/asahi/art/dorian/index.html

***********************************************************

 ピカソとブラックは、セザンヌによって発見された「ヴァルール(色価)」、「視線の動き」、「透明感を持った平面性」などに触発され、より強調された形で追求することにより、物の輪郭を完全に解体することとなった。

 キュビズムが発明した手法に、「多視点」による「パッサージュ技法」がある。これは断片的な形の輪郭の一部に通路を作り、輪郭を閉じない。その輪郭を閉じない空間を幾重にも重ね、しかも通路を連続的・有機的につなぐことによって、重なった断片に透明感が生まれてくる。その結果、絵を鑑賞する視点によって、鑑賞者によって、また鑑賞者の状態などによって無数な空間が生まれてくる。

  

Musee Picasso, Paris (ピカソのパリの美術館)
Museo Picasso Malaga(ピカソのマラガの美術館)

 上記のように、「印象派」と「キュビズム」の講義を受け、その後の実習で作品を2点を制作しました。本来講義の内容を理解し、それに沿った作品にすべきでしょうが、理解度に問題があったようでした。

 
それぞれ、F20で制作

 

剴チ別授業「絵画U」
2005/10/15
   前期の公開授業とは異なり、聴講生の形で「絵画U」に受講させていただきました。今回は人物(ヌード)の描写を主眼とした内容で、1回生から4回生までの学生に混じっての授業となりました。

担当教員       教授 大嶋 彰
開 講 日(授業日) 10/6, 7, 8, 9 10 (連続5日の集中授業)  9:30〜15:30
授業の概要 モデル実習(集中講義)
 ・初日は午後からで、クロッキーのみで10分ポーズを2×5回繰り返し、全部で10ポーズ
 ・2日以降は午前は立ちポーズと午後は座りポーズに分けて、4日間固定ポーズで制作。
   1.クロッキー  10分×2回 (午前・午後とも2ポーズで、全部で16ポーズ)
   2.固定ポーズ 20分×4回 (午前・午後とも、固定ポーズを20分×4回を4日間)

***********************************************************

 今回の集中講義では、5日で26ポーズの10分クロッキーを描きました。10年ほど以前に大津のクロッキーサークルに参加した経験があります。当時は確か5分、7分、10分、20分とあってそれぞれの時間に合わせて描き方を変えていました。今回はすべて10分と同じ時間ですから、比較的描き易いはずですが、長いブランクもあって思うように描けませんでした。

   

 最初はクロッキーブックに鉛筆で描きましたが、すぐに木炭紙に切り替えました。木炭は細くて硬めのホルベインのSeriesFで描きました。時にはNouvelのCarrePastelを使ったりしました。

  

 固定ポーズは、午後の座りポーズはF20の油絵を描き、午前の立ちポーズP15の水彩とパステルに水彩で3枚を制作しました。

   
座りポーズはF20の油絵          立ちポーズP15の水彩とパステルに水彩

 

Ж 滋賀大学の「公開講座」


滋賀大学



大学は、社会の最も重要な知的文化的基盤です。大学は、研究と教育を通じて、人類の知的文化的遺産を継承し創造的に発展させることによって、世界と地域に貢献することを固有の使命としています。さらに、未来に向かって社会の諸問題を科学的に解決するために情報を提示し、多彩な人材を創出する重要な役割を担っています。
21世紀に入って人間社会は、政治・経済・文化などの諸分野における国際的関係のいっそうの緊密化のもとで、資源・人口・環境問題の解決、産業経済構造と社会生活の急速な高度化への対応など、新たな努力を求められる局面を迎えています。
大学は、そうした努力の先頭に立ち、研究面では専門諸科学のいっそうの発展とそれらの協同により、そして教育面では社会のニーズに応える多彩な専門的人材を養成することによって、社会の諸問題を解決しながら、新しい段階の知的文化的発展をリードすることが求められています。
滋賀大学は、21世紀における大学の社会的使命を自覚し、研究と教育を通して広く社会に貢献していきます。

     
剳ス成17年度の「公開授業」
2005/4/6
    滋賀大学では、本学の教官を中心に、学外の専門家を講師に加え、本学が持っている専門的、総合的な教育機能を社会に開放し、生活向上の知識や、一般教養を身につけるための学習の機会を広く皆様へ提供することにより、地域の人々との交流を深め、開かれた大学を目指して公開講座を開設しています。
 本年は、公開講座を10講座と公開授業を47科目計画いたしました。

 ◇滋賀大学公開講座
      http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/jimukyoku/kikakukoho/koukai/17_doyou.html

 今回の10講座ある公開講座の中から、1つを受講する予定です。

  *名筆に学ぶ 担当教員 講師 中村 史朗  受講料 4,000円  募集人員 20名

-----------------------------------------------------------

 

剏開講座「名筆に学ぶ −鑑賞と実習−」
2005/4/6
 

 帰国間際に手に入れた中学生向けの書道の教科書野中に、「王羲之、顔真卿、米、黄庭堅 四体対照行書自学字帖」がありました。王羲之(東晋)、顔真卿(唐)、米(北宋)、黄庭堅(北宋)とそれぞれ時代が異なりますが大家の書です。

講座名   名筆に学ぶ −鑑賞と実習−
講座概要
 歴史的に名筆と称されるものは、その表現のどこがすぐれているのでしょうか。また、そもそも何を伝えるために書かれたのでしょうか。名筆生成の実際をさぐるとともに、その技法を追体験します。書の世界では、先人の筆跡を忠実にならう「臨書」という学習法が行われますが、その今日的な意義を問い直し、応用的な制作も試みます。特に書の経験の有無は問いません。
    @王羲之の尺牘(てがみ) ―「書聖」の虚実―
    A初唐の楷書 ―頂上にいたるまで―
    B甲骨文・金文 ―本当に“絵画的”?―
    Cかな ―王朝の美意識―
担当講師   滋賀大学教育学部 講師 中村 史朗
開催会場   大津サテライトプラザ
          (大津市春日町1−5 JR大津駅前 平和堂アルプラザ大津店5階)
開催期日    平成17年 5月21日(土)〜 6月18日(土) 毎土曜日(5/28を除く) 全4回
開催時間   10時30分 〜 12時30分
受講対象者  市民一般
募集人員    20名(申込順)
募集期間   平成17年 4月18日(月)〜 5月 2日(月)
受講料     4,000円

 

剏開講座「名筆に学ぶ −鑑賞と実習−」を受講
2005/6/15
 

 JR大津駅に隣接した平和堂アルプラザ大津店の5階に滋賀大学の「サテライトプラザ」があり、その奥の教室で十数名が受講しています。これまで高校の教科書を入手して書道の歴史や変遷は勉強していますが、サークル活動などでは得がたい、学術的な知識を得たいと参加いたしました。

 @王羲之の尺牘(てがみ) ―「書聖」の虚実―

   1.王羲之 -人と時代-

   2.歴史上の評価と影響
    *いかにして“書聖”になったのか
    *後世の受け止め方

   3.王羲之の書法
    *行書、草書、楷書の作品が見られる
    *行書、草書の書法を変革し後世の規範をつくったといわれる
    *現在の常識で王羲之書法を判断するあやうさ
      1)起筆のありかた 2)捺法(右はらい) 3)力の均等(運筆リズムそのものにゆだねる結構法)
      (用筆からみて)右旋回と左旋回、それに振り子運動、三者の融合

   4.王羲之の作品
     真跡が伝わらない。どのような複製を尊重するのか
     1)蘭亭序:何種類もの“代表作”
     2)集王碑:集王聖教序など、切り貼りの努力
     3)十七帖:草書の代表作、“書中の龍”
     4)墨跡本:尺牘の諸相
     5)小楷:上品なたたずまい、実用の規範となる
     6)集帖:後世の王羲之収集

   5.王羲之をならう
    *臨書の対象として
    *尺牘の魅力
    *行草書を書く態度

  
喪乱帖などを臨書

 A初唐の楷書 ―頂上にいたるまで―

   1.楷書という書体
    @最後の公用書体
    A楷書と現代生活

   2.楷書の構造
    @点画の分節化
    A三過折
    B間架結構・・左右相称から点画の均衡へ

   3.楷書の成り立ち
    @初期の資料:三国・西晋期のもの
    A書法の充実:南北朝期、王羲之(小楷)、龍門造像記、鄭道昭など
    B典型の確立:隋唐期、墓誌銘、初唐三大家の楷書碑

   4.初唐三大家
    @唐・太宗と三大家
    A虞世南
    B欧陽詢
    C緒遂良

   5.楷書をかいてみよう
    @基本点画
    A点画を組み合わせる
    B書風の差は何に拠るのか

  

 B甲骨文・金文 ―本当に“絵画的”?―

   1.古代の漢字
    @“象形”は原始的か?
    A古代文字の体系姓
    B造字の原理
    C“書法”への志向

   2.篆書の構造
    @点画
    A正面形、左右相称
    B“典型”の完成まで

   3.篆書の資料
    @甲骨文:天意を卜う
    A金文:祭礼と文字、生活の中に漢字が
    B先秦の真跡資料:篆書の日常表記
    C始皇帝期の篆書:典型の厳格さ

   4.篆書を書いてみよう
    @点画・・とりあえず中鋒で
    A点画の接合
    B正面形に構える
    C構成要素の関係

  

 Cかな ―王朝の美―

   1.文字渡来
    @漢語理解と日本語表記への道・・「訓」の成熟
    A漢字の名品・・聖徳太子「法華義疏」、聖武天皇「雑集」、光明皇后「楽毅論」など
    B中国との交流・・隋唐の書道文化の流入

   2.仮名表記への道
    @「古事記」「万葉集」の編纂
    A「万葉集」表記の苦心
     1)田兒之浦従 打出而見者 真白衣 不盡能高嶺尓 雪波零家留 
     2)広範な歌の採取、音声の文字化、「音」を充てる表記。「歌の定型」が表記を補助する部分。
     3)「万葉仮名」ー字種の多さ、筆画の多さ。
       下、加、可、仮、何、価、佳、果、架、河、夏、花、貨、渦、嫁、荷、霞、日、香、蚊

   3.「かな」の各体
    @真仮名  草仮名  平仮名(女手)
    A草仮名の実際  「正倉院万葉仮名文書」
    B女手への道   「有年申文」

   4.王朝美の完成
    @「古今和歌集」の成立  (延喜5:905)
     ・女手による表記の推進
     ・「仮名序」にみる散文の骨格。
     ・紀貫之の手跡・・「土佐日記」臨本(定家、為家による)
    A「女手」の完成
     ・11C半「高野切古今集」・・典型の確立
     ・女手の優品・・「調度手本」の定着
      「三色紙」
      「粘紙本和漢朗詠集」
      「関戸本古今集」
      「藍紙本万葉集」・・
     ・技法の実際
      1)字形の簡略化  2)高度な連綿  3)ちらし書き


Ж 滋賀県の高等学校等開放講座


◆デッサンから◆
 表現する力をつけよう


 いざ目の前に
ある物や心の中に
浮かんだ像を描くとき、
それは単純なことなのに
うまく描けません。
  そこで簡単であり
単純であるために、
もっとも本質的で
造形のすべてにわたる
基本として、
デッサンは必要不可欠
なものとなります。
  講座では、
物を「みる」目、
表現する技術を
養うため、
「デッサンから表現する
力をつけよう」をテーマに
学習をしました。

 

     
剋賀県の高等学校開放講座
2005/6/15
    滋賀県では、県民のみなさんに「いつでも、どこでも、だれでも」学んでいただけるよう、高等学校等開放講座を開講しています。平成17年度は、県立高等学校等51校において、各校1講座、全部で51講座を開設します。

◇高等学校等開放講座 http://www.longlife.pref.shiga.jp/learning/lld_highschool_item.html

対 象 原則として県内に居住、または勤務する方
受 講 料 2,000〜3,000円程度(小・中学生は無料)
       ※別途教材費などが必要です。
学習時間 1講座あたり、年間10〜20時間程度(1回あたり2時間程度)


剿絵を楽しもう(技法の工夫)
2005/7/15
 

 今年度の「高等学校等開放講座」では、「3芸術・工芸」部門の中から、絵画や書道などを選んで参加することにしました。

◇水口高等学校 「油絵を楽しもう(技法の工夫)」  7/16(土)〜8/27(土) 7回
    受講料:3,000円 教材費:3,000円

 昨年は「デッサン」で、受験目的の中学生から老後の趣味目的のお年寄りまで多数が受講しましたが、今年は「油絵」とのことで、4名しか受講希望者がなかったそうです。
 受講者の最低人数の5名に至らないことで、今回の講座は中止になってしまいました。残念!


剌曹ゥら水墨画入門まで
2005/10/24
 

 今年度の「高等学校等開放講座」では、「3芸術・工芸」部門の中から、絵画や書道などを選んで参加することにしました。

◇東大津高等学校 「書から水墨画入門まで」
    講師:疋田惜陰先生、辻先生
    10/16(日)、10/23(日) 2回 AM9:00〜PM4:00
    受講料:3,000円

 今回の講座では、篆刻から、水墨画そしてここの要望に対応していただくなどと多彩でした。メインは水墨画入門で、本画仙を張ってある中国製の白扇にそれぞれ好みの文や絵を画いて仕上げることになりました。

 蘇州扇廠の白扇に、晩唐の詩人李商隠の「嫦娥」を画くことにしました。これは中国の月面探査計画プロジェクト名にもなった伝説の美人だそうです。  


蘇州扇廠の白扇 (骨16本)


楷書で漢詩を書き、裏打ちまで完成

・三多軒 商品案内 うちわと白扇
   http://www.santaken.com/item/acce/uchiwa.html
剩S土で人物像(塑像)を作ろう
2005/12/05
 

 今年度の「高等学校等開放講座」では、「3芸術・工芸」部門の中から、絵画や書道などを選んで参加することにしました。

◇長浜北星高等学校 「粘土で人物像(塑像)を作ろう」 10/22(土)〜12/10(土)
    時間;午前9時から11時までの2時間  受講料:2,000円 教材費:1,000円
    講師: 高崎 敏和 教諭

 昔から人・ヒトをテーマにした作品は数知れません。埴輪や木像、大理石像、ブロンズ像などが数多く残っています。 あなた自身が想像した、あるいは理想とする人物を作ってみませんか? 材料は紙粘土なので誰でも扱いやすい素材です。小さいけれどもあなたの想いが詰まった彫刻作品が出来ます。

紙粘土 http://www.nihon-kyozai.co.jp/nendo/kaminend/kaminend.html
 身近な量販店で買える紙粘土は重さが軽く値段も比較的安い金額で手に入れることが出来ます。
 持ったときにやや重く、しっとりした感じのものの方が細かい細工に向いています。紙粘土に絵の具を混ぜて粘土自体に色を付けることが出来ますが、白い色が混ざってパステル調の色合いになります。

  数枚用意した孫の写真をもとに、芯材の針金で形を作り、それに紐を巻きつけ彫塑の骨格を作りました。次に支給された紙粘土に水を含ませ形を作りこんでいきました。
 毎日2時間の講座を7回、計14時間の作業ですから、先週作った彫塑はすっかり乾燥して、とても硬くなっていて、ところどころひび割れしていました。盛りすぎた粘土はヤスリで削り、足らないところは十分に水を含ませ、その上に紙粘土を盛ります。
 細かいところは、粘土ベラで形を作りますが、彫刻刀で彫ることもできます。水彩絵の具の練り込めば色ねんどが簡単にできるそうです。
 最終日は、水彩絵の具で凸部にスポンジで薄く着色し、最後にスプレーでニスを吹きつけ艶出しをしました。凸部の着色は緑青が吹いたような趣を出すためのようですが、どうも濃く着色してしまったようで、趣が出ませんでした。また、ニスの吹きつけも2度するようです。


玩具の車に乗った孫像 (高さ25cm)

-----------------------------------------------------------

講師:高崎 敏和 教諭
 草津市の「街角・ほっと事業」の「妖精たち」の中に、「伸展」(宮町若竹線歩道植樹帯内)が展示されています。  http://www.biwa.ne.jp/~yamamasa/cityg.html

 

Ж 公民館の絵画サークル


中央公民館

当公民館は、
交通の利便性や
地理的に市内の
中央に位置し、
市民の集まりやすさ
を生かし、
男女共同参画事業
や国際理解を
深めるなど
市内全域で
取り組まなければ
いけない
課題分野に重点を
置いています。
だれもが
参加しやすい事業を
展開する一方、
文化の
香り高い秋には、
11月3日を中心に
文化祭を
開催しています。
作品や練習の
成果を発表する
機会であり、
1年間の集大成の
場です。
また、
文化協会をはじめ
各サークル、
婦人団体などの、
自らを高める
生涯学習実践者
活動の拠点とも
なっています

 

 

 

 

 

 

 

     
公民館の絵画サークル
2005/4/6
   昨年10月に湖南市が発足して、これまで他町であった公民館のサークル活動に参加することが出来るようになりました。 湖南市には中央公民館、三雲公民館、柑子袋公民館、石部公民館、石部南公民館、岩根公民館、菩提寺公民館、下田公民館などの8つの公民館や市民学習交流センター(サンヒルズ甲西)をはじめ6つの地域総合センターがあります。

  ◇滋賀県湖南市[暮らしのガイド−市内の施設]中央公民館
      http://www.city.konan.shiga.jp/guide/shisetsu/k-chuou.htm

  ◇滋賀県湖南市[暮らしのガイド−市内の施設]柑子袋公民館
      http://www.city.konan.shiga.jp/guide/shisetsu/k-koji.htm

 それぞれ、文化協会をはじめ各サークル、婦人団体などの、自らを高める生涯学習実践者活動の拠点ともなっています。住民のニーズに合った講座や学級を開設すると同時に、福祉と人権を基調にだれもが住み良い地域づくりをめざした活動を展開しています。

-----------------------------------------------------------

 例えば、中央公民館

■利用できる人    市内に在住・在勤されている人( 5人以上の団体で営利等を目的としないこと
■利用できる曜日  毎日
■利用できる時間  午前9時から午後10時まで。ただし、月・火曜日は午前9時から午後5時まで
■受付時間      執務時間中(午前8時30分から午後5時15分まで)
■休館         年末年始(12月28日〜1月4日)
■部屋の種類    1階  和室(1)、 和室(2)、 調理室
             2階  第1会議室、第3会議室、作法室
             3階  大集会室
■駐車場の有無   駐車台数 15台(うち身体障害者用1台)
■身体障害者用トイレの有無、スロープ、エレベーターの有無
             身体障害者用のトイレ、スロープは有


剞彩画サークル「ぐる〜ぷ彩」
2005/6/15
 

 中央公民館の月二回の水彩画のサークルです。講師に大西克美先生を向かえ、気のあった仲間十数名のサークルです。屋内の静物画が中心のようですが、季節の良い折には屋外で写生もされるようです。

◇水彩画サークル「ぐる〜ぷ彩」  水彩画  毎月第2・4金曜日 9:00〜12:30  

 公民館の広い3階で、備品のイーゼルを使って、わいわいがやがやと楽しい時を過ごしています。ほとんど屋内の静物を描いています。たまには気候のよい時には屋外に出て写生をすることもあります。

  

  

 

剄b西絵画サークル
2005/6/15
    中央公民館の月一回の油絵のサークルです。講師に山中先生を向かえ、十数年も続いたサークルで、なかなかベテランが揃い、スケッチ旅行や展覧会の鑑賞などと楽しんでおられるようです。

◇甲西絵画サークル  油絵  毎月第3土曜日 13:00〜17:00

 7月の初旬にサークル展をすることになっています。今回のテーマは2町が合併して誕生した「新たな湖南市」で、ひとり2作品を目標に制作してきました。下図はF20に「健康・福祉ゾーンじゅらくの里」と「幼稚園の運動会」を描いてみました。ほぼ最終段階です。

◇甲西絵画サークル展 7月9日(土)〜17日(日) AM10:00〜PM6:00
               会場:甲西図書館の2階

 

 かって、上海の松江県に住んだ頃の水郷風景です。現在、まだ製作中でこれからどのように仕上げていくか思案中です。

 

 

 

 

剞彩画サークル「アトリエ・マルディ」
2005/6/15
   柑子袋公民館には、水彩画サークル「アトリエ・マルディ」がありました。講師に稲垣浩史先生を向かえ、気のあった仲間十数名のサークルです。屋内の静物画が中心のようですが、季節の良い折には屋外で写生もされるようです。

◇アトリエ・マルディ  絵画(デッサン)  第1・3火曜日 10:00〜12:00  大集会室   

 ほとんど屋内で静物を描きますが、時にはクロッキーや人物デッサンをしたりして楽しんでいます。また、皆で美術館の見学などと活動は多彩です。

  

 

 

  

 

剌Hの美術展に出品
2005/11/07
 

 今年からサークル活動を開始したこともあって、サークル展や公民館の展示会などと作品を発表する機会が増えた。これまでは町の美術展にP15号の水彩画を出品した以外は、ほとんど水彩画のサークル展に6号の作品を出品をした程度でした。
 そこで、今回油絵はF20〜F50号の仮縁を、水彩はF8、F10、P15の額を入手することにしました。

◇油絵の仮縁 デュアル26(丸) F20 ブラウン 8,904円
◇油絵の仮縁 デュアル26(丸)F30ブラウン  9,408円
◇油絵の仮縁 デュアル26(丸)F50ブラウン  11,722円
        書道用品のキョー和 http://www.kywa.jp/

◇水彩額 F8  (アクリル)-GRグリーン(マット加工)  6,247円 
◇水彩額 F10 (アクリル)-GRグリーン(マット加工)  7,717円
◇水彩額 大判 (アクリル)-GRグリーン(マット加工)  11,024円
        ちよだ画材 http://www.gazai.co.jp/index.html

-----------------------------------------------------------

 ◆第43回 草津市美術展覧会に出品

会期17年10月8日〜16日 草津市役所2階 特大会議室


F30 「上海市郊外の水郷」 入選

-----------------------------------------------------------

 ◆第29回 栗東市美術展に出品

会期17年11月2日〜6日 栗東文化会館 さきら

 
 F30 「上海市郊外の水郷」 佳作          F20 「裸婦」 選外


Ж 公民館の書道サークル


文化総合センター

文化総合センターは
公民館、図書館、
文化ホールから成
っています。
このセンターは、
市民の生涯学習の
場として、
一流の芸術を
鑑賞する場として、
また
ほかのいろいろな
文化活動を行う場
としてつくられました。
公民館には、
和室や工芸室、
視聴覚室と
教育委員会事務局
があり、
文化ホールには
舞台をはじめとする
設備があります

 

     
公民館の書道サークル
2005/4/6
   昨年10月に湖南市が発足して、これまで他町であった公民館のサークル活動に参加することが出来るようになりました。 湖南市には中央公民館、三雲公民館、柑子袋公民館、石部公民館、石部南公民館、岩根公民館、菩提寺公民館、下田公民館などの8つの公民館や市民学習交流センター(サンヒルズ甲西)をはじめ6つの地域総合センターがあります。

  ◇滋賀県湖南市[暮らしのガイド−市内の施設]中央公民館
      http://www.city.konan.shiga.jp/guide/shisetsu/k-chuou.htm

  ◇滋賀県湖南市[暮らしのガイド−市内の施設]柑子袋公民館
      http://www.city.konan.shiga.jp/guide/shisetsu/k-koji.htm

 それぞれ、文化協会をはじめ各サークル、婦人団体などの、自らを高める生涯学習実践者活動の拠点ともなっています。住民のニーズに合った講座や学級を開設すると同時に、福祉と人権を基調にだれもが住み良い地域づくりをめざした活動を展開しています。


剌蒼ケサークル「書道クラブ」
2005/6/15
 

 石部公民館の月二回の書道のサークルです。講師に森本先生を迎え、それぞれテーマを決めて、隷書や草書、行書などと学習されています。

◇書道サークル  書道  毎月第1・4土曜日  14:00〜16:00

 まず楷書からと、「千字文」に沿って、先生が書いてくださる手本を臨書して勉強しました。最初は半紙に2文字、次は4文字と大きな字になり、慣れると半紙に6文字の大きさで楷書の基本を習いました。

 千字文(せんじもん)
 中国六朝時代の詩。一巻。梁(りよう) の周興嗣(しゆうこうし) 作。四言古詩二五〇句(千字)から成る。古く中国で、初学の教科書・習字の手本とされた。日本への伝来時期は不明だが、平安後期以降、漢字の習得教育に用いられた。法政大学文学部日本文学科ミュージアムの四体千字文などを参照。

 

 5月からは、楷書を終え、同じ「千字文」の行書を始めました。最初はこれまでの楷書とは異なったリズムに戸惑っていました。

 


剌蒼ケサークル「楽書サークル」
2005/6/15
 

 中央公民館の月二回の書道のサークルです。このサークルは滋賀県書道協会に所属して、講師に青木芳子先生を向かえ、毎月「書朋」を購読し、課題作品を提出しているようです。

◇楽書サークル  書道  毎月第1・4木曜日  9:00〜12:00  

-----------------------------------------------------------

 滋賀県小学校教育研究会書写部会・中学校教育研究会書写部会・高等学校教育研究会書道部会を統合した書写・書道に関する公的研究組織です。
 滋賀県習字教育協会(昭和24年発足)を前身とし、昭和38年5月に発足しました。このような小・中・高を統合した書写・書道の研究組織が活発に活動・実践を積み重ねている例は全国的にも珍しく、これからも書写・書道教育の研究に大きな役割を果たしていくものといえるでしょう。

◇滋賀県書道協会 http://www.syodo.or.jp/

 
毎月購読している「書朋」

-----------------------------------------------------------

 「書朋」では、毎月それぞれの段や級に沿った課題作品を提出しています。漢字・かな・創作と硬筆の4部門に別れて、それぞれ師範〜初段及び一級〜9級まであるようです。

  
「書朋」の課題で、楷書・行書・隷書・かななどを段や級に沿って作成


剪国の「書道教本」で臨書
2005/6/17
 

 家では、もっぱら中国の「書道教本」で臨書などで練習しています。これまでは「柳公権」を中心に楷書を習ってきましたが、昨年の高校の開放講座で王羲之の「蘭亭序」に出会ってから、行書にも興味を抱き習い始めています。

-----------------------------------------------------------

 これまで集めた中国の書道関連の書籍は、中国から持ち帰ったものに、日本で購入したものを加えて「中国の書道教本」は100冊を越えました。Excelでまとめスキャナーで画像を撮り、その表にリンクしました。参照してください。

これまでに入手した中国の書道教本

クリックすると表は表示されます

 注:定価は中国での定価で、単位は元です。約15倍すると日本の円になります。購入価格は日本で入手したときの購入価格です。ざっと4〜5倍で入手可能なようです。

 楷書は「柳公権」を中心に学びましたが、行書は「王羲之」や「趙孟兆頁」が好きです。下図は趙孟兆頁の「集字古詩」です。楷書は一文字一文字で完結した練習でしたが、行書では数行とか紙面全体の流れやバランスに配慮しています。

 
新概念字帖-集字古詩趙孟兆頁

-----------------------------------------------------------

 現在は半紙に臨書していますが、その内半折の大きさに臨書したいと考えています。

  
ここでは、五言絶句や七言絶句など唐詩を中心に習っています


剌Hの美術展に出品
2005/11/07
 

 今年からサークル活動を開始したこともあって、サークル展や公民館の展示会などと作品を発表する機会が増えた。書道の場合は掛軸や額で発表するのですが、その費用がなかなか大変です。そこでフリーで使える3種類の大きさの額を入手しました。

◇半切1/2:特選隅丸(マット ウグイス)  8,925円
◇半切  :特選隅丸(マット グレー)   13,650円
        書道用品のキョー和 http://www.kywa.jp/
◇全紙  :立山女桑 (布マット:グリーン) 24,500円
        株式会社 大 昌  http://www.daisho-art.co.jp/

尚、裏打ちは呉竹裏打専用紙を使ってアイロンで仕上げる予定です。(慣れるまでは難しいです)

-----------------------------------------------------------

 ◆第25回 滋賀県書展に出品

併催17年9月21日〜25日 大津市歴史博物館


全紙横 春望(杜甫)

-----------------------------------------------------------

 ◆第8回 甲賀・湖南市書道展覧会に出品 サンヒルズ甲西

併催17年12月8日〜12日


半切縦 春望(杜甫)

 



Design by Teizo AMMA
Email amma@maia.eonet.ne.jp
URL http://www.t-amma.com/