Update: 2002/ 1/ 1
パリ、ノートルダム寺院


ノートルダム寺院は
セーヌ川の中洲のような島、
シテ島に
バラの窓と呼ばれる
ステンドグラス
は美しい装い
寺院に流れる
賛美歌は魂に響く
近況、そして近況
Update: 2002/ 1/ 1
1年余り勤めた日本ビーコムを、2001年11月7日還暦をむかえ、晴れて定年退職。ゆったりした気分で日々を楽しんでいます。

日本に帰国して

Update: 2002/ 1/ 1
日本に帰国して、不況、政治改革、そして参議院選挙を経て思うことは、根本的な欠陥は日本人の「自立不在」と思える。

ちょっと、言わせて

Update: 2002/ 1/ 1
孔子の説く、「徳」の政治と「法」の政治。
問題は「トンネルを抜けると………」で 、どんな景色が?

まだまだ、言わせて

Update: 2002/ 1/ 1
これからは「内面への道」への旅立ちが必要なのかも知れない。
「田中真紀子外相の問題発言」で更迭論は再燃か
 
Home Page of Teizo AMMA
 

近況、そして近況

上海勤務を終え日本に帰国、そして退職、再就職、定年退職

1993年9月

「円ショック」で中国に子会社設立を決定。

1994年4月

経理(社長)として赴任。候補地の選定から用地貸借契約、公司設立。工場建設、販売・生産活動まで担当。

1998年2月

京都本社のエコロジー事業部に転勤。

1999年1月

事業部の拠点を京都本社から古巣の滋賀工場へ転勤。

1999年6月

所謂リストラで背中を押されるようにして依願退職。

2000年4月

「雇用・能力開発機構」に入所。9月までの6ヶ月間。
2000年10月
ソフトハウス「日本ビーコム」に再就職
2001年3月
「パソコン寺子屋」(会員制のパソコンサロン)を設立
2001年11月 還暦を迎えて、「日本ビーコム」を定年退職。
 
ソフトハウス「日本ビーコム」に入社

 IT社会の到来に先駆けて、皆がメールの送受信やホームページの閲覧ができるための「お手伝い」をする事業を創めました。
 パソコンは非常によくできているのですが、技術革新の激しさ、機能の多さと多様さ、加えて仕組みが見えないなどで、使いこなせないとか、立ち往生することが多い。身近に「指南役」や「助っ人」がおればそれなりに乗りこなせるが、大半の人は悪銭苦闘し、途方に暮れ、投げ出す人もいる。
 全国の町々に「パソコン難民のオアシス」を広めようと、当世流行の価格破壊の会員制の「パソコン寺子屋」を大津におの浜に1号店を開店いたしました。
 パソコンの可能性や楽しさ、面白さを前面に出したこともあって、ゆっくりではあるが時代に受け入られた。そして、あまり宣伝することもなく、口伝で会員は増加した。

 

「パソコン寺子屋」とは
 現在は改名して「ITサロン」と名乗っているが、目的や趣旨は「パソコン寺子屋」が相応しい。

「自分の周りにパソコンがない」
「せっかく習ったのにうまく活かせない」
「パソコンを使いたいけど難しくて扱えない」
そんな方々のお手伝いをするべく誕生しました。

ITサロンとは、 言わば、
会員制の新しい「パソコン学習室」なのです。

「ITサロン」のホームページは下記の通りです。
  http://www.itsalon.jp/

「日本ビーコム」のホームページは下記の通りです。
  http://www.n-bcom.co.jp/

 

失業等給付は様変わり

 1999年の退職時と今回の2001年の退職時とでは、就業環境は当然悪化はしていますが、失業者に対する対応には大きな変化がありました。(痛みの分かち合い)

一般保険者の失業等給付の給付日数(60歳以上65歳未満で比較

  1年未満 1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
1999年 90日 240日 300日 300日 300日
2001年 90日 90日 120日 150日 180日
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/___.By T-AMMA__/_/_/_/
日本に帰国して
日本はトンネルをぬけられるか
  当然、トンネルがどんなに長くても何時かはぬけるでしょうが、問題は「トンネルを抜けると………」で、かっての景色がある保証はない。むしろ「トンネルを抜けると、そこは雪国だった」と覚悟すべきでしょう。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/___.By T-AMMA__/_/_/_/
ちょっと、言わせて

多発テロとアフガン報復

 多発テロが一幕で、アフガン報復が二幕であれば、簡単明瞭な「勧善懲悪」で理解できる。当然アメリカが主役で、タリバンが敵役。まさにジョン・ウエンの演じる爽快な西部劇となる。
 しかし、もしその前に別の一幕があって、例えば先住民の聖地を牧場主達が土足で踏み込んだ。そこで近代武器を持たない先住民はその報復として、多発テロの戦術を選択した。
 こうなると、この西部劇も様相は大きく変らざるをえない。しかも現実はそれ以前に数幕があり、イスラエルの問題も絡んでくると、もうジョン・ウエンの出る幕はない。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/___.By T-AMMA__/_/_/_/
まだまだ、言わせて

「田中真紀子外相の問題発言」で更迭論は再燃か

 今回の台湾干渉発言で更迭論は再燃する様相ですが、日本社会は減点主義ですから、これだけ「ポカ」の連続では折りを見て更迭はやもえないとの選択肢かもしれません。
 一方、小泉総理にとっても「大不況」の最中、支持率だけが頼りである以上、更迭による支持率低下との比較のようにも思える。
 国民が田中外相に期待するのは、「外務省の改革」と「歯切れのよい外交」でしょう。官僚と政党を敵に回してこれだけ頑張っているのは、田中外相ならではと評価します。
 マスコミの姿勢は、「世論」や「知る権利」の名を借りた、三面記事となんら変わらないように思います。
Design by Teizo AMMA
Email amma@beach.ocn.ne.jp
URL http://www.t-amma.com/