Update:2002/ 1/ 1
◆ギリシャの路地
挨拶状と年賀状

帰国の挨拶状

1998年5月 Update:2000/ 1/10

年賀状

1999年正月
Update:2000/ 1/10

退職の挨拶状

1999年7月
Update:2000/ 1/10

年賀状

2000年正月 Update:2000/ 2/ 1

年賀状

2001年正月
Update:2002/ 1/ 1
心象風景いろいろ

上海市松江の田園風景

  Update:2000/ 3/26

シラノドベルジュラック

  Update:2000/ 3/26
 
Home Page of Teizo AMMA
 
挨拶状と年賀状
帰国の挨拶状 1998年5月
 
拝啓

新緑の候、ますますご清勝のことと、お喜び申しあげます。

上海在勤中はひとかたならぬお世話になりました。厚くお礼申しあげます。
日本に帰国して、もう三ヶ月余りも経ちました。もっと速くご挨拶いたすべきところ、多忙に取り紛れて意を果たさず、心ならずも失礼いたしました。
現在、京都本社のエコロジー事業部を担当しております。昨年末には京都で「地球温暖化防止京都会議」が開催されるなど、世界規模で「環境とエネルギー」の問題が重要視されております。当社はまだ「環境ビジネス」、「環境ビジネス」の模索段階です。
この三ヶ月は四年の赴任期間のタイムラグやカルチャーラグのリハビリ期間でもありました。曖昧な言い回しにも少しは慣れましたし、そしてWindows97、インターネット、Eメールを覚え、このゴールデンウィークには自前のホームページを開設しました。
睡眠時間を削ってラグの穴を埋めておりますが、一方では上海で習いおぼえたゴルフは毎週欠かさず練習場通いをしております。その成果が実ってと言いたいのですが、スコアーの方はホームページに掲載しているようにさっぱりです。ここ当分はめげず続けるつもりでおります。

公私共に精進する心積りですので、倍旧のご指導をお願いいたします。
略儀ながら書面で、お礼かたがたご挨拶申しあげます。

敬具

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/___.By T-AMMA__/_/_/_/
年賀状 1999年正月
 

昨年中はお世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。

昨年はタイムスリップしてドロシーに、子犬をつれて「オズの魔法使」さがしの旅から旅へ。

Microsoft大帝の下、ブリキの箱はWindowsとInternetに操られ、獅子の歯噛みは大不況となり、獅子の分け前もままならず、巷では案山子たちの「ヒソヒソ話し」に明け暮れ。

いつか変わり身の、愛馬ロシナンテに乗ったドン=キホーテはサンチョ=パンサと共に騎士修行。木作りの虹を渡って青森へ、そして明日に明日を託し、ETの指差す方向に自転車を漕ぎ出した。

さて、今年1999年はNostradamusの大予言の年。世紀末、そして大世紀末でも。腹を据えて掛かる年。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/___.By T-AMMA__/_/_/_/
退職の挨拶状 1999年7月
 
拝啓 時下益々御清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、私こと、この度鞄。堂製作所を退職致しました。

在職中は、永年にわたり公私共格別の御懇情を賜りまして、誠にありがとうございました。

なお、現在は退職後の雑多な手続きもほぼ終えました。今世紀最後の不況、定年間近の中高年に職が有る筈はないと、筋書き通り自宅で大人しく「濡れ落ち葉」を決め込むのが筋でしょうが、中国で覚えた「高尓夫」や「書道」、それに永年連れ添ったパソコンやらと、「晴耕雨読」実は雨の日も芝生を耕していますが、結構忙しくしております。

「高尓夫」は念願の100をやっとクリヤーし、新たな目標の90に挑戦中です。得意技は「秘儀水切りショット」と「チップインボギー」です。

最近は水彩画を中断し、「書道三昧」です。「漢詩」や「写経」も結構面白いのですが、「書道」は落着いた穏やかな時を過ごせるのが素晴らしいです。時には半日机に向かっていることもあるほどです。

永年の睡眠不足が起因したのか、ここ数年は視力の衰えが激しく、最近は定時間の勤務もままならないほどでしたから、10分程度の仮眠を取りながらのパソコンオタクは快適です。15インチのTFTディスプレイや230万画素のデジカメで武装しました。インターネットやホームページを充実させ、最終的には「インターネット絵本とか童話」に挑戦するつもりです。これが終の棲家かも知れません。

どうか倍旧の御厚誼御支援をお願い申し上げます。

敬具

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/___.By T-AMMA__/_/_/_/
年賀状 2000年正月
 
謹賀新年

今年もよろしくお願い申し上げます
春、麗ら
うらら、うららと、うらぶれて
人も羨む、裏褄模様
春の七草、
芹、薺、御形、蔬フ、仏座、菘、蘿蔔
裏を食らって、末枯れて、うら寂し
定は裏移
今、心合い、裏情
日々、心安く、心もなし
春、麗ら
末成の年を、占に食う
浦上崩れと、浦隠れ、ただ春を心待つ

心も末も占も「うら」と読んで下さい。「新春うら味節」

「2000年問題」(Y2K Problem)は如何でしたか。中国では「千年虫」だそうです。
千の桁が変わる1000年に一度の珍しい年。そして、400年に一度の珍しい閏年。閏年とは「4で割りきれる年。ただし100で割りきれるが、400で割り切れない年は除く。」そうです

西暦2000年元旦

追伸  -----------------------------------------------------

 師走半ば、先達の赤穂の面々は本懐を遂げたとエレキ瓦版に。「我も槍先の功名」をと気がはやるも、まだ半年ほどの「浪々」の身、「口入屋」通いと「芝槍術」修行の日々。
 芝槍術家の「林由郎」の門下になるも、そして亜米利加の「赤下手」の教えを乞うも、「遊廓」通いも槍持ち程度。腕前は「仮名手本忠臣蔵」の五段目「山崎街道二つ玉の段」、悲しくも「とりあえず暫定球を」と二つ玉の名手。
 それでも閑にあかせての武者修行。「めきめき上達」と豪語したいのはやまやまなれど、そうはいかぬが「この世のならい」。詳細は電網の「個人主頁」をご覧あれ。
 是非、「一合わせ願いたいものです」。       続、元禄繚乱をよろしく。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/___.By T-AMMA__/_/_/_/
年賀状 2001年正月
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/___.By T-AMMA__/_/_/_/
  心象風景いろいろ
  上海市松江の田園風景
 菜種梅雨の降る頃、松江の郊外は「菜の花」で覆いつくされる。同じ頃、桃の花も満開で麦の緑と重なり、ちょうど絨毯を敷きしめたような光景が観られる。
 その後、工場や商店、街並みや公共施設なども整備され、もうこのような景観はなくなっているかも知れない。
 現在中国、特に上海は大きく変貌して、ちょうど日本の昭和30年から40年代の様相です。
 
 
 
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/___.By T-AMMA__/_/_/_/
シラノドベルジュラック
 

 (Savinien Cyrano de Bergerac サビニアン―)フランスの詩人、小説家。科学小説の先駆者。同名のロスタンの戯曲によって英雄化された。作風は奇想天外で批判風刺的。著「月世界旅行記」など。

 (原題フランスCyrano de Bergerac)韻文戯曲。五幕。エドモン=ロスタン作。一八九七年成立。巨大な醜い鼻を持つ剣客シラノは、従妹ロクサーヌと美青年クリスチャンとの恋を、みずからの恋を犠牲にして成就させる。

 「俺ゃあの世に持って行くのだ 。……はばかりながら皺一つ汚点一つ附けずに持って行くのだ、他でもない、そりゃあ……」

 「私の羽根飾(こころいき)だ。」

 韻文戯曲。五幕。(岩波文庫、エドモン・ロスタン作、辰野隆、鈴木信太郎訳)

 シラノは材木を頭上に落とされ、瀕死の傷を押して修道院に辿り着き、ロクサアヌの前で悲壮な死を迎えている。そして、たそがれの中涙と血が滲んだクリスチャンの遺書を諳んじて読み、ロクサアヌが真実を覚った後の大六齣……

 「うん。そうだ!私の新聞をまだ読み終わっていなかった。……然り而して土曜、二十六日、晩餐に先立つ一時間、ド・ベルジュラック氏遂に暗殺に斃る。」

………………………………………

 「いや、一体全体どう魔がさして、一体全体、どう魔がさして、そんな船に乗り込んだのだ?…
 哲学者たり、理学者たり、
 詩人、剣客、音楽家、
 将た天界の旅行者たり、
 打てば響く毒舌の名人、
 さてはまた私の心なき――恋愛の殉教者――
 エルキュウル・サヴィニャン・
 ド・シラノ・ド・ベルジュラック此処に眠る、
 彼は全てなりき、而して亦空なりき。
 ……だが、もう逝こう、では失礼、そう待たしてもおけない、御覧なさい、月の光が迎えに来ましたからなあ!」

………………………………………

 「うん、貴様達は俺のものを皆奪る気だな、桂の冠も、薔薇の花も!さあ奪れ!だがな、お気の毒だが、貴様達にゃどうしたって奪りきれぬ佳いものを、俺ゃあの世に持って行くのだ。それも今夜だ、俺の永遠の幸福で蒼空の道、広々と掃き清め、神のふところに入る途すがら、はばかりながら皺一つ汚点一つ附けずに持って行くのだ、

 他でもない、そりゃあ……」
 「私の羽根飾(こころいき)だ。」

―― 幕、大団円 ――

Design by Teizo AMMA
Email amma@beach.ocn.ne.jp
URL http://www.t-amma.com/